読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみ越しの世界

ジャニヲタやってます。

私がジャニオタになるまで

中島裕翔 Hey!Say!JUMP ジャニーズ
私はジャニオタになって日が浅い。自分で「これはもうジャニオタだ。」と認めてからは3年ほどしか経っていない。冷静に振り返り、私を底なし沼に招きいれた原因を考えたい。

ジャニーズは忍たまの人

私は小学生まではまったくジャニーズに興味がなかった。ジャニーズという括りはなんとなく知ってはいたが、どんなグループがあってどんな人がいるのかはまったくの無知。名前を知っていたのはタッキーこと滝沢秀明さんくらいだった。(祖母と細木数子先生の番組を見ていたため。)また愛読していた漫画雑誌りぼんで当時大人気だったYa-Ya-yahのことを知った。しかし知っているだけで特に何か感情を抱くことはなかった。
話は逸れるが私は忍たま乱太郎が好きで、勇気100%の聞き比べが趣味である。

KAT-TUN vs NEWS

中学に進学し世界は変わった。周りの女の子達が色めき出した。ドラマでは赤西仁さん、亀梨和也さん、山下智久さんらが大活躍し大人気を博した。多くの級友は彼らの中で誰が好きか…という話題で盛り上がっていたのだ。私は正直、メンバーの顔も名前も分からず、野ブタ。をプロデュースのCMで「あれは赤西くん?」と聞いて亀梨ファンに首をしめられたほどだ。それを機にドラマを見ることを義務付けられ、亀梨くんでも山下くんでもなく中島裕翔くんに心が動くのである。でもこの時はショタコン呼ばわりされるのを防ぐために友達に合わせて「山ピーかっこいい!!!」と言っていた。

花男フィーバー

そして時代はに移り変わる。花より男子が同級生の女子の視聴率100%を誇るこの頃、多くの女子は嵐に現を抜かすのである。明確ではないがこの頃から嵐が国民的アイドルとしての階段を駆け上がり、その地位を確立していった。さすがの私も嵐のことを把握し、けっこう曲が好みということもありアルバムを買ったりしていた。

中島裕翔との再会

ジャニーズに触れるようになった中学時代。KAT-TUNと嵐くらいは名前と顔を覚えた。そして高校時代に突入。
この頃は私の中で最も多くの音楽に触れた時期だ。友達に勧められたアーティストを片っ端から聴いた。そしてその中にHey!Say!JUMPが紛れていた。事の発端はオススメのライブDVDを回そう!というステキな企画だった。そこでHey!Say!JUMPさんのライブ(コンサート)を初めて見た。そこにはかつて「かわいいかわいい!」と愛でていた中島裕翔くんが成長した姿があった。「かわいくない!!!」その衝撃は相当なものだった。

初めてのコンサート参戦

なんとなくHey!Say!JUMPを気にしつつも私は生きていた。その頃の私はJUMPを見る度に「知念くんかわいい!」と言っていたと思う。そして大学進学。
やはりどこにでもジャニオタはいるもので、そして私はそれを引き寄せるらしい。大学でできた友達はやたらジャニーズに詳しかった。中でも山田涼介くんを担当する友達のおかげで、シングルすべてのメイキング映像を見た。ここまでくると一度はコンサートというものも行ってみたい。
私のファーストHey!Say!JUMPはASIA FIRST TOUR 2012だった。何だかよくわからないまま着席ブロックに連れて行かれた。初めてのコンサートは目の前のアイドルより隣の友達の見たことのない様子に驚いたのを覚えている。

いつのまにやらジャニオタに

ジャニオタになるつもりはなかった。

多分みんなそうだろう。ただの趣味。なんなら少しバカにする気持ちもあった私は、いつしかどっぷり浸かっていた。堕ちていくのを感じたのはTwitterを始めてからだ。知念侑李くんの主演ドラマ「スプラウト」が発表され、いてもたってもいられなくなった私は、この喜びを分かち合おうとジャニーズ用アカウントを作った。そこからは転げ落ちるみたいに加速してジャニオタになったのだ。

担当は中島裕翔くん

アカウントを作るときに悩んだのは担当の存在だった。今まで気まぐれにジャニーズに触れていたが、そうはいかない。アカウントを作ったからにはジャニオタでなくてはならない。と謎の真面目を発揮した私は担当を決めることにした。正直、一騎打ちだった。中島裕翔くんvs知念侑李くん。ちょっとだけ悩んだけれど中島裕翔くんを選んだ。理由は小さい頃から知っている(つもりだ)から。知念くんは好きだけれど、見た目のかわいさが好きなだけで、中身も考えたら中島裕翔くんだ。と、その時の私は判断した。
もし、あの時知念くんを選んだら?まだ知念くんファンかもしれないし、やっぱり違うと担降りしていたかもしれない。それはわからないけれど、中島裕翔くんごしに見る世界はなかなか楽しかったし、進行形で楽しい。しばらくは中島裕翔くんのファンとしてジャニオタを続けて行くだろう。

まとめてみると、案外ころっと堕ちてました。最近はJr.が気になって気になって…もはや掛け持ちの勢いなのですが、今後どうなるかは私にもわかりませんが、今を生きていくことにしています。