読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみ越しの世界

ジャニヲタやってます。

ワクワク学校 嵐と平成生まれの9人の仲間たち

ワクワク学校に行ってきた。そもそもワクワク学校にお邪魔するつもりはなかったのだけれど、重複当選があり誘っていただいた。
嵐とHey!Say!JUMPが一緒にステージに立つということでそれなりに楽しみにしていた。そんな気持ちと併せて、ワクワク学校というコンサートとは違ったトーク中心のステージにわずかな不安もあった。

ワクワク学校が初めて行われた2011年、友人から同行者の都合が悪くなったからと連絡が入り、興味半分でピンチヒッターを引き受けた。当時の私はまだジャニオタではなかったため、完全な興味だった。そして、私のファースト・ジャニーズ現場は嵐になった。
その時の雰囲気を思い出しながら当日を迎えた。

Hey!Say!JUMPと同級生

嵐の5人が先生となり、日本の年間行事について教えてくれる今回のワクワク学校。春は入学式から始まった。私たち観客は入学生。そして同じく入学するのはHey!Say!JUMPのメンバー。名前の順に呼名されステージに上がる。嵐が先生でHey!Say!JUMPが同級生なんて夢のようだ。

久しぶりに裕翔くんにお会いした。

元担当、中島裕翔くんに再開。もちろん今も応援はしているし、でもかなりゆるくなっていた。だけど、生の裕翔くんを見てかなり気持ちが戻ってきた。かわいい。
ということで中島裕翔くんレポ。

盆踊りで和太鼓を担当した裕翔さん(安定の太鼓)が、振り練習の時に振りを教えるために踊りつつ、説明の合間にばちをくるくるしてウォーミングアップしていたのが、さすが太鼓担当!って感じだった。
茶会でみんなでエアーお茶会の時、飲むまでしかやらなかったけど、飲み終わって茶碗を置くまでの動作をきちんとやっていた裕翔さん。さすがおぼっちゃん!育ちの良さ出てた。(経験の有無は知らないが)
福男で走っているとき、後ろ見たり手を挙げたり、せわしなく動いていてそれでも2位にゴールするくらい速く走れる中島裕翔すごい。だったら注意散漫にせずに全力で走れよ!
最後の校歌(ふるさと)の時にマイクをしっかり口元に持って歌っていた裕翔さん。ムーディー勝山?右から左に受け流す歌の人みたいだった。
 光とニノの私服がダサいくだりで、「モデルやってるナカジもいるんだから」って櫻井くんに言われポーズ決めるの、そういうことできるようになったのか〜と思った。突然振られても対応できる能力を身につけたらしい。
以上、Twitterより。
改めて、Hey!Say!JUMPかわいいなぁ。みんな好きだなぁ。グループが好きだなぁ。と思った。でも個人で見ちゃうと岸優太くんが勝つんだWIN!!!

5年ぶりに見た嵐さんは、やっぱり国民的アイドルだった。キラキラだし、会場中をキャー!!!でいっぱいにしていた。面白いし、かっこいいし、後輩が喋れるように目立つように工夫する臨機応変なところもあるし、経験値としてはどうにも追いつけないだろう。
嵐がかつてそうであったように、Hey!Say!JUMPも売れる時が来て欲しい。「嵐なら誰が好き?」という会話が成り立つように、「Hey!Say!JUMPなら誰が好き?」って会話を成立させたい。「山田くんなら知ってる!」じゃない世界にしたい。

そのために、彼らにはもっと頑張ってもらわないとな。

という話を公演後のうどん屋でする。ジャニオタ4人。

兎にも角にも、ワクワク学校は行くつもりがなかったが、行ったらとても楽しめたので、誘ってくれた友人達に感謝!

嵐さん、Hey!Say!JUMPさん、お疲れさまでした!