きみ越しの世界

ジャニヲタやってます。

梶くんの言いなりになりたい

二番煎じも良いところのタイトルで失礼します。映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」を観てきました。

昨年放送された二夜連続ドラマでは、少女漫画らしい壁ドンや顎クイなどの胸キュン?動作満載で笑っちゃうくらい非現実的さに笑いがこみ上げた。今回の映画でも本質的なものはドラマと変わらずだったが、エロキュンと宣伝している通り「え!!!!??」となるシーンも多かった。親友である黒悪魔と白王子が主人公をめぐりバチバチしている。恋愛と友情の板ばさみになっている。主人公も二人に翻弄されながらも友情に悩む。そんな青春味溢れる作品の中、画面に映るだけで笑いが起こる人物がいた。
梶くん(岸優太)だ。
梶くんは黒悪魔に助けられたことから黒崎信者となり、まるで恋するかのように黒崎くんを慕う。まるで舎弟。まるでわんこ。ドラマでも衝撃のキスシーンを目撃し声を上げるというシーン他に登場。恋愛モノの中で彼だけはコメディーを演じている。シリアスな場面もある映画では、揺れ動く他の役者さんの中で空気がさっぱり読めない梶くんの言動は観客の気持ちを落ち着かせた。

日舞台挨拶で主人公を演じた小松菜奈さんが「黒か白か、はたまた梶くんか」と誰派に分かれるのか…というようなことを言っていた。もちろん王子様として学園のアイドルになるのは黒・白のような人たちだ。でも、たまらなく梶くんのような人を好きになる人は少なくないと思う。まっすぐで、ひたむきで、まさに愛されキャラとは彼のような人を言うのだと。
今回、撮影中から梶はハマリ役という話だった。梶か岸か、というほど私たちがよく知る岸優太に近い人物がそこにいた。当たり前だが、本質が近いとはいえ、岸くんは梶くんという人物をきちんと演じている。自分に近い人間を演じるのは、まったく違うイメージの人間を演じるより難しいのではないかと思う。自分であって自分ではない。岸くんに近いがスクリーンに映っているのは間違いなく梶くんだった。

そんな梶くんが愛おしくて仕方ない。岸くんが演じたから黒崎くんを観に行き、梶くんに注目したのはもちろんのことだが、私はもともと梶くんみたいなキャラが好きだ。メインの人間関係には入ってこないけれど、いつもメインキャラの周りをうろうろしていてクスッと笑わせてくれる。

舞台挨拶で岸くんがキャストの間で可愛がられているのは、様々なレポを読ませてもらって知った。彼の愛され力はここでも健在であった。岸くんにとって特別な作品となったこの映画は、確かに各方面のファンの皆様に岸優太を存在付けたし、私のような岸くんを目的に観た人には満足感を与えた。

ああ、

梶くんの言いなりになりたい。


あと2回は観たいなぁ。