きみ越しの世界

ジャニヲタやってます。

ジャニーズ銀座2016

今年もお邪魔してまいりました。ジャニーズ銀座。F公演に無事入ることができ、安心安心。クリアファイルも無事手に入れることができました。

 
今年は岩橋玄樹神宮寺勇太、岸優太の3人での公演。Princeとしての単独公演に期待しかしていなかった。少クラでも3人でいろいろな曲を披露していたから、その曲をやるんだろうな〜と思いつつも、ソロはどんな曲?ユニットみたいなのはあるのかな?とか、いろいろワクワクしていた。
Jr.が付くとはいえ、3人がメインの公演。会場のファンも3人のうちの誰かがお目当なわけで、案の定隣は岸優太くんを応援する方。そしてその周りを固めるピンクのライト。岩橋担!でも、ファンサとかを求めるような席でもなかったので、高みの見物のつもりで会場入り。
 
Princeちゃん3人の勝つんだWinで始まった公演は、なんだか最初から強かった。最強にかっこよかった。以下、気に入ったパフォーマンスを記録。
 
少クラで披露した時から好きでした。(告白)
なんか、集まってわちゃわちゃしてるのがたまらなくPrinceちゃんで。
 
ノーマターマター
お久しぶりです。人数減りましたね。でも、久しぶりに聴いたら体が勝手に動きます。楽しいです。
 
青天の霹靂
かっこいい!最後の3人の掛け合いも良い!3人とも歌が上達したなぁ。とふと思った一曲。
 
 
 Back fire
 少クラで一目見た時からかっこいいと思ってました!(告白その2)
少クラのロングジャケットの衣装も好きだったけど、クリエのドクロが付いたKAT-TUNですって感じの衣装もかっこよかった。ドクロ嫌だけど。
 
マイガールフレンド
2番大好きだから、歌い出しで「2番んんんん!!!」って仰け反るくらいには興奮した。2番歌おうと提案した人、握手してください。
 
JW
突然のジャニーズワールド。ノイナとLGTEは懐かしいがすぎる。ノイナのC&Rは相変わらず楽しくて、今からジャニーズフューチャーワールドに思いを馳せるしかない。
 
ちびJr.が可愛すぎて笑いが止まらなかった。
 
安心の神宮寺×TOKIO。歌い尽くされたTOKIOの名曲を激甘ボイスの神宮寺くんが大人ぶって歌うの超萌えた。ねぇ、君は愛の続きを ねぇ、誰としてる?
 
てぃれけつ
バカ。神宮寺ソロの後になぜ!?でも超好きだよ。そういうところ大好きだよ。って思いながら「アイッ!」って掛け声してたら、リコーダー吹き出して爆笑するしかなかった。岸くん大好きすぎたし、岩橋くんが振り切ってて笑った。
 
Beat line
ビトラ!!!JUMPコンで死ぬほど聴いた!!!元担がスネアソロ叩き続けた!!!JUMPコンではあんなに割愛で。と思っていたのにPrinceちゃんがやるとテンションうなぎのぼりで自分に笑うしかなかった。神宮寺くんのスネアソロかっこいいし、岸岩のアクロバットもかっこいいし、私の知ってるビトラじゃない!私が飽き飽きしていたビトラじゃない!!
 
 
そして私が入った公演はすとんず兄さんとキングの皆さんが見学に来ていた。本編も終盤、ふと見学席を見るとからっぽ。これは…出てきてしまうのか…と少し残念な気持ちになったが、ステージですとんず兄さんと絡むPrinceちゃんすごいかわいい。樹くんとか北斗くんとか岸くんのこと大好きだろ?めっちゃ「岸ぃ!岸ぃ!」って言ってた。
 
アンコール
サマーステーション
アンコールの幕が上がるとそこにはMr.King vs Mr.Princeがいた。アンコールはPrinceコールしていたのに、出てきたのはキンプリだった。
昨年の夏を共にしたMr.Kingが、私服のKingが、MCで寝坊をネタにされてた長岡こと永瀬くんもちゃんといた。女優帽かぶってた。
声にならない叫びとなって こみあげるこの気持ちはなんだろう 『春に』谷川俊太郎
まさにこんな気持ちだった。
Prince単独公演なのにという気持ち半分。
あの夏を共にした盟友が…という気持ち半分。
嬉しいし、悲しい。
この気持ちはなんだろう
ただ、ここで気づいたのは
私、昨年の夏でKingのことこんなに好きになったんだ。
私、キンプリのこと結構好きだったんだ。
この2点。
嬉しかった。楽しかった。体が勝手に踊りだした。歌いだした。あの夏がフラッシュバックしてきた。
ああ、いい夏だった。
 
勇気100%
ジャニーズの校歌。
激しく「それな!!!」
毎度おなじみなのになんて素敵な曲なんだ。勇100好きすぎて仕事でももじって使ってます。お世話になってます。
 
 
と、こんなところで感想の殴り書き。
とにかく楽しくて楽しくて楽しい現場でした。
 
 
*ところで少クラで披露した勇気100% feat.岸笑いを堪えることは難しかった。最初のテンポ丸無視のボイパでもうおちた。この夏、どこかでモノホンが見られることを期待。