きみ越しの世界

ジャニヲタやってます。

2016年を振り返る

年の瀬ですね。SMAPも最後のテレビ出演がスマスマということで実質のところ解散してしまいました。SMAP解散って徳川幕府がなくなるってくらい大変なことですよね?時代が変わるんですよ。今こそ元号が変わるべきです。

 

ジャニオタとしては、この誰にも向けられない気持ちをどうすることもできないので、SMAPは永遠に私たちの心に生き続けているよ、ということにします。そして、この一年もどっぷりオタクしていたなぁ、と思うところでジャニーズ関連の振り返りをしようと思います。

 

1月

『ピンクとグレー』公開

待ちに待った中島裕翔主演映画!裕翔くん主演じゃなかったから絶対観ないだろう、というか映画はコナンしか観ないんだけど、映画を観た!菅田将暉の素晴らしさ!裕翔くんの主演作品がピングレで本当によかった!

 

2月

黒崎くんの言いなりになんてならない

こちらも待ちに待った岸くん出演映画。コナンだけ!って言ってるのに年明けからイレギュラーが続いてしまった。中島健人くん、小松菜奈ちゃん、千葉雄大くん、高月彩良ちゃん、とにかく出演者みんな愛おしい。連続ドラマになれ!なってくれ!梶くんに恋した2月。

 

4月

Prince冠番組『真夜中のプリンス』放送開始!『ガムシャラ!』じゃなくなるのが泣くほど悲しかった(泣いてないけど)、しかし!but!まさかの自担のユニットが冠番組を手にした!びっくりだし、まだそんな器じゃないし…と思ったけれど、毎週出演するのはありがたい。芸人さんたちにも気に入ってもらえていたら嬉しい。

 

5月

クリエF Prince公演。記事にした通り、Mr.kingが見学した日に行きました。確実にパフォーマンス力が向上していて、上を目指しているのが伝わってきた。クリエならではの彼らだけのコンサート、最高だったな。

 

7,8月

『サマーステーション 』今年はMr.kingがメインということで、去年良い思いをしてしまったPrince担は「えええええ」という気持ちもあった。だけど、実際行ったら平プリ公演めちゃめちゃ楽しかった。平野くんの歌とダンスが大好きだから、嬉しかったなぁ。

『サマーパラダイス』勝利くんと健人くんのサマパラにお邪魔してきた。勝利コンは相変わらずのホーム感。MCは平プリ総出で楽しかった。健人コンは本当に素晴らしい。ハニーの皆さんとけんてぃーの関係性が素敵で!昨年のサマパラ映像見て、行きたいと思っていたから願ったり叶ったり!

 

9月

『JOHNNYS' Future WORLD』博多。博多に一人旅ってバカかと思ったけど、行ってよかった。岸くんの活躍も然り、平プリ関西Jr.の成長を感じられた公演だった。行ってよかった。(2度目)

 

10月

『JOHNNYS' Future WORLD』大阪。梅田芸術劇場もはじめましての会場。関西Jr.がみんな出てて、関西の沼を感じた。まさに未来の世界だ。(何言っているかわからない)かわいいかわいい大西プロや、斗亜くんにも会えたし、楽しかった〜!その後、まいどジャ〜ニ〜は毎週録画してます。

 

12月

『ジャニーズオールスターズアイランド』行ってしまいました。 まさにオールスターズ。今まで観たくても観る機会がなかったスノーマン、ストーンズなどのパフォーマンスも観れたのが嬉しかった。

 

年明けはHey!Say!JUMPからはじまる最高の年になる予感。2016年も全力でジャニオタでした。2017年も全力でジャニオタです。

よいお年をお迎えください!

 

 

軽井沢旅行してきました。

初秋の軽井沢へ旅行してきた。

博多へ行った次の週、バカだから軽井沢行ってきました。メンバーは以前沖縄へ行った高校の同級生たち。

 

ろくもん 最&高

長野駅から軽井沢駅までろくもんという観光列車に乗車。正直、プランは友達に任せっきりだったからどこに連れてかれるのかもよく分かっていなかった。ろくもんにご対面すると、写真の通りのボルドーのボディ。美しい!テンション上がる!「エセ鉄ちゃん!」と言いながら写真撮りまくった。内装もまるでオシャレなカフェに来たような気分。対面のテーブルを挟んで座れる素敵な電車でした。観光列車なので、停車駅で降りて買い物や記念撮影、お庭散策などもできて軽井沢に着く前に満足してしまった。

 

軽井沢プリンスアウトレット

軽井沢駅と宿泊したプリンスホテルのコテージの間にあるアウトレット。やっぱり女子的には買い物施設って上がりますよね。めっちゃお金無くて、カーディガンしか買えなかったけど、見るだけで楽しかった〜!しかも、寒くて我慢できなくて買ったっていうエピソード付き。さすが避暑地!寒かった!

 

コテージで好き勝手する

気心知れた高校生メンバー。アウトレットで買った服のファッションショーしたり、女子会的にはグレーゾーンな下ネタも話したり私たちらしさ満載でお送りしました。無料でプレーヤーも貸してもらえたので、みんなで当たり障りない映画みたよ。ジャニヲタで泊まったら夜通しライブ見れるね!!!ってちょっと興奮した!コテージは離れているからお隣さんのことを一切考えず夜中まで騒ぎ倒した。ただし、虫さんたちが元気いっぱいだから虫さんが苦手な人は冬に行ってください。私は一緒にお風呂入れるくらいの感じなので。さすがにびびったけど。

 

そんなこんなで今回も最高にハッピーでクレイジーなメンバーと旅を楽しんできた。無駄に写真撮っちゃったよ。管理が大変だし、見返すとくだらなすぎてやばい。でも、思い出はプライスレス!また高校メンで旅行したい!(候補地は、鎌倉・鳥取砂丘など)

 

めっちゃ日記っぽいけど以上です。

 

ジャニーズフューチャーワールド

博多座に行ってきました。

博多ってバカかよ!と思ったけど、バカになっちゃいました。飛行機でひとっとびでした。

 

博多座ってすごい

博多座すごいんすよ。中が豪華なのは帝劇も変わらずなんですが、会場内にレストラン、お土産屋さん、洋服屋さんまであって、博多座だけで観光しましたって嘘ついて帰れるレベルで充実したラインナップ。私も意味なく「博多座カレー」食べた。普通にカレー。座席でも上演時間以外は飲食ができるのすごい。私が知ってる劇場と違った。博多座の雰囲気が気に入ったから、機会があればまた行きたい会場!

 

JFWぶっとんでる

ジャニーズフューチャーワールドはやっぱりぶっ飛んでた。でも、それを打ち消すキャストの一生懸命なパフォーマンスに満足感がとっても高い!

初代JW(Hey!Say!JUMPが座長)しか行ったことがなかったので、どんな風に変わったのか楽しみだった。一言で言えば、めっちゃくちゃ楽かったぁ〜。に尽きる。

まず最初、Princeがなかなか出てこなくて心配になっていたら、パネルの裏から出てきて、「これ!えびの出てくるときのやつじゃーん!Princeってそんないい扱いなのーー???」と心の中で大騒ぎした。

宇宙人?とか出てきてストーリー性は謎だけど、レポの時点で「岸くんがタイタニック」って聞いて死ぬほど楽しみだった。タイタニックといえば、プロデューサー薮が高らかに歌いあげてる中で五関くんがちびジュ連れてやるアレだろ!?って初代JWが一気にこみ上げてきてだな。ちびっこ×岸くんのムテキっぷりはすごいから!そのレポでときめいたから!タイタニックは本当にステキでした。九州男児のちびっこと手を繋いで出てくる岸くんのお兄ちゃん感!あーーーーSランクお兄ちゃんだーー!!!ってなる。優しい笑顔も「NYでもっといいとこ連れてってやるから」もたまらないけど、その直後の悲劇を知ってるから胸が苦しくて苦しくて…岸くんって儚い役が似合うところあるからさ。はぁ、全公演通して1番胸が苦しいシーンだった。

 

ブンブンチキブンブン

何を隠そう、岸くんの見せ場ですよ。Back Fireのソロ、そして前で踊る謎の九州大学生。FUD?の皆さん。めっちゃ申し訳ないけど、岸くんしか見てなかったです。ごめんなさい。そして、岸くんどう聴いても「ブンブンチキブンブン」って歌ってるんだよ。ちゃうで。「バンバンチキバンバン」だよ。すっごくかっこよく歌ってるんだけど、ブンブンチキブンブンし出すと一気に私の中の笑いのメーターが振り切ってしまって…でも、すっごくすっごくかっこやかったです。バク転もキマッていてかっこよかったです。お顔もかっこよかったです。

 

懐かしのJWソングたち

初代JWを懐かしむ元JUMP担としては、懐かしのJWソングはたまらない案件でございます。

真っ赤な衣装で、互いに目配せしながらハイタッチしながら楽しそうに踊り、何よりC&Rがあるノットイナフ通称ノイナ。白手袋はなかったが、めっちゃ上がる曲でした。かなり序盤での登場に驚いたけれど、盛り上がりがノットイナフだから仕方ないよね。一気に上がったね!九州男児、高校生、大学生たちも一緒で客席降りて踊ってたけど、めっちゃ仲良しなの伝わる!目配せ半端ない!

 

闇を突き抜けてが流れる前はケンカするって決まってる。普段の性格からは想像つかないPrinceのケンカ、めっちゃ面白くて。笑ってごめんなさい。確かJUMP担の頃も絶対怒らなそうな人たちが先陣切ってキレてて笑いをこらえた記憶。闇を突き抜けては上半身裸のイメージだったから、服着ててくれてよかった。ダンスかっこよかった!間奏でスポットライト当たる人だけ踊るのめっちゃかっこいいんですよ。

 

LGTEベーコンレタスバーガーみたいな文字並びだけど、レッツゴートゥーアースです。JUMP担だったあの頃、大好きだったから、今回久しぶりに観れて嬉しかった。振り付けが違ったのは残念だけど、曲のもつソウルがもう私の心を震わせるから(もはや何を言っているかはわからない)、今回も上がりました。しかも、平野座長のワンコーラスのあと、出てくる岸くんのソロパートが至極!!!あの甘い歌声でLGTEを聴ける日が来ようとは!嬉しかった。

 

懐かしソングではないけれど、この夏、苦楽を共にしたHi Hi Jetはこみ上げるものがあった。エンディングで使われるとは思わなかったけれども。最後のダンスは舞台風に振り付けられていて、とってもキレイでした。群舞という言葉がよぎった。

 

 

関西ジャニーズJr.は名前が分かるかどうかだったが、今回とっても楽しくて実力のある人だということがわかった。岸くんたちともとっても仲良くなったみたいだし、相変わらず岸くんは万人に愛される能力発揮してるし、めでたしめでたし。

大変充実した博多旅になりました。ジャニーズフューチャーワールド最高!!!

 

 

博多旅では、目撃情報が上がっていた太宰府天満宮にも足を伸ばしてみた。同じ考えの若者たちをチラチラ見かけながらも欲しかったお守りをゲットし、梅ヶ枝餅も食べ、大満足。正直、博多から少し離れていたから行くか迷ってたけれど、目撃情報出たら迷わずに行くの決めたよね。自分の中のジャニヲタ魂を感じた…。博多行ってる時点ですでにジャニヲタ魂すごいんだけど…。

ちなみに今回は、人生初の一人旅。日帰りは静岡に行ったけれど、泊まったのは初!飛行機も初!なんて楽なんだ〜と、ソロ活動の良さをまた一つ知ってしまった。もちろん、みんなでワイワイの旅行も好きだし、博多ではお友達と会ってご飯食べたりもしてるので完全ソロではない。でも、ホテルとか観光とか好きにできるのは楽だった〜!

 

次は大阪!

 

 

実はサマパラも行きました。

ジャニーズ・フューチャー・ワールドの初日を迎えてしまいました。それなのに、私はまだ夏の思い出を綴り切れていない。早く書かないと新しい記憶に更新されてしまう(もうまあまあ更新されてる)。

 

勝利 ソロ

勝利くんは確かに言った。「俺が一番年上」だと。確かに平野・Princeは特別ゲストとしての扱いではあったけれど…でるんかいいいい!!!!と思った初日、忘れない。岸くん好きなお友達が勝利ソロを押さえていて、誘ってくれたからよかったもののなんでそう突然なんだよ!と若干憤りながらも今年もまた勝利ソロを見られるのかとワクワク!

出番はゲストだし、多分予定になかったところにねじ込んだ感じだから少なかった。でも、和太鼓叩く岸くん(ちょっとへた)見れたし、MCもほぼ岸くんの話題で持ち切り(勝利担が楽しめたか心配)だし、私は満足です。

それにしても勝利くんは本当に岸くん好きだよね。はいはい優勝優勝。でもね、いじりすぎないでね。岸くんのファンは結構心を痛めているよ。岸くん本人は「いじってもらっておいしいっす。あざーっす。ちーっす。」って感じだけど、その後ろで心を痛めているファンがいるよ(言うてそれほどでもない私)!

 

健人 ソロ

健人ソロにも岸くんが現れた!!!!全くそこはガードしてなかったよ!!!!風磨ワンチャンあるなぁ。でもサマステ関係で無理か…と思ってたら、けんてぃーーーー!!!!完全にそうきたか!!っていうね。岸くんがボニバタ歌うとか、恋のABO歌うとか、Prince Princessソロで歌うとか言うから〜行くしかなかったよ。行ったよ。単純に去年のサマパラ映像で健人ソロ見たい気持ちが生まれていたから、一石二鳥!ラッキー!と思って行ったよ。

まず、新曲が神がかっていた。なんて!楽しい!アイドル!爽やか!サマー!ソング!OPで流れているのも、コンサート本編も、アンコールも最&高じゃないですか。けんてぃーーーー!!!!(2回目)

岸くんの出番多くて、明らかにJr.の中では別格に扱ってもらってて、黒崎くんの言いなりにならせてください。おねしゃす。なんでもするんで…っていう気持ちになった。

岸くんの甘い言葉とか聞き慣れてないから、むず痒い場面もあったけど、岸くんファンとしてはやっぱり、Prince Princessのソロバージョンを聴くことができて感無量。

 

サマステ、サマパラと、またこの夏大きな成長を遂げた岸優太。この先に待ち受けるのはそう!ジャニーズ・フューチャー・ワールド!博多座から梅田芸術劇場へと駆け抜ける訳だが、めちゃくちゃ楽しみ〜!!!!(急に)

あと5回寝たら博多に行けるんだと思うと困っちゃうなぁ。どうか、岸くんが蓄えた力を惜しみなく発揮できる舞台でありますように。

これだからジャニオタはやめられない。

本日、ジャニーズ・オールスターズ・アイランドの制作発表が行われた(らしい)。

仕事を終えTwitterを開いたら(ツイ廃)、12,1月の公演について発表されていた。まじか。てっきりジャニーズ・フューチャー・ワールドを帝劇でもやるものだと思っていたが、斜め上きた。さすがジャニーさん。オールスターズか…そっか…。

 

12月はキスマイから、1月はエビからそして勝利くん、内くん、キング、ハイハイ、プリンス、ストーンズ、スノーマン、トラジャ、ラブ、天才、他ジャニーズJr.って本当に文字通りオールスターズっすね。うっす。

どう頑張ってもチケ当たる気がしないっす。

 

とは言いつつ、岸くんが出るなら1度は見たいし単純にオールスターズを一斉に拝める機会はなかなかないから…見たいです。

岸優太「帝国劇場にジュニアがメーンで立たせていただける機会。爪痕のこして、歴史を作れたらと思ってます」

と言ってますから、爪痕のこすなら見るしかないっすから。博多と大阪のジャニーズ・フューチャー・ワールドを控え、楽しみがまた増えたことは素直に嬉しい。辞めたい辞めたいといいつつ、これだからジャニオタはやめられない。

ジャニオタだって綺麗になりたい。その2

先日、美容に力を入れていく旨を宣言した。早速レポを落とそうと思う。

 

ジム体験

ジム行って来ました。思ったよりもリーズナブルなお値段でいろいろな器具を使い放題。私にあったメニューもキャンペーンを利用すれば無料で作ってもらえるということで、かなりやる気が出てきた。

入門編ということで、簡単に6個くらいの筋トレ器具とランニングマシーンを試させてもらい、正直体は悲鳴を上げていた。しかし、翌日まで持ち越した痛みは肩周りの普段動かさないところばかり。意外にも足や腹筋には痛みが残らなかったので安心。

どう考えてもジムでの運動量を私生活で確保することは難しいので、ジム入会…しそう。

 

フェイシャルエステ体験

フェイシャルエステも体験してきた。友人(ジャニオタ)からの紹介で行ったエステ。まじ、あんなオシャレな街歩いたことないし、あんな隠れ家的なお店入ったことなくて緊張した。就職の面接より緊張した。

友人もいたからスタッフさんともめっちゃ喋ってて、あっさりジャニオタもバレて、なんなら調子にのって「岸優太で検索!」とか言って爆笑かっさらってきた。いい人たちだったから、少しずつ距離つめていこう。初回はまじで圧倒されて終わった。

エステはクレンジングと洗顔のやり方から始まり、超音波を当てられ、ジェルを塗られてマッサージみたいな流れ。いいもの使ってクレンジングと洗顔したところで「色しろーい!」と言われ、超音波当てたらフェイスラインが上がって「こんなに変わる人いない〜」と言われ、疑り深い私は、そうは言うけどみんなに言ってるでしょー?って感じもあった。でも鏡見ると明らかにフェイスラインが違って、こりゃすげーや!

肌のキメを見るカメラとかはあんまりよくわからなくて「すごいかわってますね〜(適当)」って言ってた部分もある。まあ、触ってみると肌の感じは全然違うし、自分で化粧品選べないから自分に合ったものを選んでもらえるのは助かるし、しばらくお世話になってみることにした。

本当に笑っちゃうくらい肌の手入れなんてしてこなかったし、化粧品も安物も安物しか使ってないから、全部教えてもらおうっていうスタンス。

 

何もしてないときに比べたらそりゃ、お金はかかるんだけど、諸々合わせても月々にJWとコンサート1回ずつ入るくらい(これ基準に計算したら、エステのスタッフさんに笑われた)だし、手遅れになる前にやりましょ!って言われて納得したから頑張ってみようかな、と。

大雨の先に光を見た話

タイトル頭いっちゃっててすみませんね。

いきものがかりのライブに行ったよってだけの話なんですよ。ってことで本編。

 

超いきものまつり2016 地元でSHOW!!

〜海老名でしょー!!!〜

行ってきました。海老名!まさかあんなへんぴな場所に連れて行かれるとは思わなかった。デビュー10周年を迎えた記念に地元凱旋ライブを行うことになったいきものがかり。ご縁があって、参加させていただくことになったのだけれど!今回、小田急線との企画でロマンスカー貸切で新宿ー海老名間ノンストップで行けるというものがあり、抽選だったのが見事当たり(ジャニのチケは当たらないのにね)、それに乗って海老名に向かった訳ですよ。車内でもいきものがかりの3人のアナウンスが流れて、すごいテンション上がった。一緒に行った高校時代の友人と毎日いきもの聴いてたよねって話しながら、じゃがりこ食べたの。あっという間の車内だった。

 

海老名に到着。残念ながらロマンスカーは外れてしまった友人たちと合流しランチ。そして悲劇はここから始まる。雨なのは前日からわかっていて、カッパやタオルやビニールやらはバッチリ準備してあった。でも、期待の斜め上をいく強い雨に私たちはどうすることも出来ず終い。さらには事前に会場までのバス往復券を購入していたにもかかわらず、先に述べたようにへんぴな場所に向かうバスは激混みで長蛇の列。何回折り返すんだよ!と生まれも育ちも関東の私がツッコんでしまうくらいには並んだ。ディズニーの乗り物とか比じゃない。何ならファストパスはもってたんだぜ?ファストパスの発行数が間違ってるんだな。お足元が最高に悪い中、開演に間に合わねぇ!とドキドキしながら何とかバスに乗って会場へ。並んでいたときにすでに足はビショビショで踏みしめるごとに靴のクッションがギュッてなるし、靴下が足に張り付く。最低だった。

 

会場に到着。やっと!やっと!と思い開演時刻15分前に座席の引き換え列(高額転売防止のため座席は当日わかる)に並ぼうとした私たち。そう、並ぼうとした。並べなかったのだ。並ぼうとしたら、会場から出た。住宅地を横目に歩き、高速道路の高架下を歩き、何故か地下道を通り線路の向こう側へ。やっと最後尾に辿りついた。…15分前やで!???2度目のツッコみ。開演時間になっても流石に始まる様子はなく、前座というか前説というかの男性の声がした。遠すぎて聞こえなかったが、市長の挨拶もあったらしい。そんなこんなで、どうか始まらないでくれと願いつつ、列は少しずつ進んで行った。やっと会場の公園が見えた頃、「ありがとう〜って伝えたーくてー」ついに始まってしまった。切ない気持ちの中で、友人たちと「ありがとうでよかったよね」と言って(ポジティブ)歩き続けた。公園内に入ったところで次の曲になった。もはや私たち楽しくなっちゃってる。こんな経験ないよ!!!っていうテンション(ポジティブ)だった。

 

やっとの思いで会場入りして、自席に向かう。椅子はあるけど雨だし、平らだし、男性ファンもたくさんいるし、当たり前に視界は最悪だけどすっごい楽しかった。なんせ、セットリストが最強でまるで私たちの青春に寄り添うかのような懐かしい曲たちばかりだった。高校時代にいきもののコピーバンドしてたんだけど、コピーした曲を結構やってくれて高まった。

 

兎にも角にも10周年。節目の年に地元に凱旋できる喜びを嬉々として語るいきものがかりの3人が眩しかった。結成からデビュー10周年までを振り返る中で、それこそ今話題の解散の危機もあったって話も交えながら歴史を辿り、節目節目の曲を聴いて、今まで見てきたライブの表情とやっぱり違うな〜とか思うと、10周年って大きいな、と。雨の降りしきる中、周りに何もない運動公園で行われる野外ライブ。雨が強すぎて私の席からはいきものがかりは小爪よりも小さい。雨で霞んで見えない。それでも、真っ暗のステージに白い光がパッと強く放ち、光の中に雨が降りしきる。どんなステージ演出よりも感動的、ロマンティックで思わず息を飲んだ。この3人はまだまだ歩き続けていく。そして、本人たちが言うように3人はいつの間にか3人だけではなく、一緒に歩いてくれる仲間を見つけた。それは、スタッフでありバンドメンバーでありファンであった。

 

最高の気分で終わったライブであったが、ここで感慨にふけ明かすには悪条件にも程がある。私たちは現実に生きている。そう、帰らねばならない。帰りもバスが激混みだったので、海老名駅まで歩いた。終電ないよ!って言いながら。あまりに疲れてグリーン車乗って、何とか家に着いた。踏んだり蹴ったりにも程があるライブだったが、本当に楽しかった。これだけ書いて最後は「楽しかった。」で申し訳ないが、めっちゃくちゃ楽しかったです!!!!