読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみ越しの世界

ジャニヲタやってます。

映画!映画!映画!

中島裕翔 岸優太 ジャニーズ
昨晩は職場の女子飲み会で、帰る電車に乗ったのは10時半すぎ。朝、出勤時に見た情報が最後でその後はスマホを触る暇もなく忙しなく働いていた。いつものことだ。

軽率だった。おしゃれな居酒屋で、少し会話が途切れたときに、そっとtwitterのアプリに触れた。画面に現れたのは
岸くんおめでとう!
岸担のみんな、おめでとう!
岸くんのソロ活動がこんなに嬉しいとは!
何だ!?何が起きたんだ!?
それなりに楽しんでいた飲み会が一気にどうでもよくなった。いい感じにほろ酔いだったのが、一気にさめた。

同僚たちと別れ、1人になった電車の中で再度twitterを開いた。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』
2016年2月27日ロードショー

ほう。映画出演。
嬉しすぎてどうしていいかわからない。とりあえず原作読まねば!という気持ちになる。とてもとても嬉しかったのだが、やはり昨晩は酔っていたので、自分の感情を明確に覚えていない。困った。書けないので、ご容赦を。

日付は変わり、2015年10月10日はHey!Say!JUMP中島裕翔主演 
NEWS加藤シゲアキ原作『ピンクとグレー』の映画前売り券の発売日である。
岸優太くんを1番に応援している私であるが、つい最近までは中島裕翔くん越しに世界を見ていた。『ピンクとグレー』も何度か見たいと思い、前売り券を買いに出かけた。
午前中には前売り券を購入し、特典のクリアファイルも手に入れた。

『ピンクとグレー』
2016年1月9日ロードショー

ジャニヲタバージンを捧げた裕翔くんが主演。なかなかの話題作である。先日はレッドカーペットには間に合わなかったものの釜山の映画祭に参加していたというニュースも見た。
激しいラブシーンにも挑戦したというこの作品。公開前から俳優・中島裕翔の代表作となるのはわかりきっている。ジャニーズっぽくないと言われている中島裕翔くんだが、この作品を通じて更に一般への知名度を上げて、中島裕翔ってジャニーズだったの!?現象を巻き起こしてほしい。

そんなわけで、年明けに『ピンクとグレー』『黒崎くんの言いなりになんてならない』の2本の映画を観ることが決まったわけである。
私はもともと映画に詳しくも好きでもない。「いつか金曜ロードショーでやるから映画館は行かない。」というスタイルでいるので、映画館で観るのは『劇場版名探偵コナン』『ハリーポッター』シリーズくらいである。しかし、『暗殺教室』から始まるご贔屓ジャニーズの映画出演を機に、映画館へ行く頻度は確実に増えている。
11月には『グラスホッパー』が待ち受けている。『暗殺教室』続編もクランクインしたと聞いたので、続編にも足を運ぶだろう。

楽しい!楽しすぎる!大好きな子たちの綺麗なお顔を大画面で拝めるなんて!
映画!映画!映画!
映画三昧な冬になりそうだが、楽しみでしかない。