読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみ越しの世界

ジャニヲタやってます。

ジャニオタだって綺麗になりたい。その3

日常

美容シリーズ第3弾。中間報告とでもいいましょうか。

ジム、フェイシャルエステ、そしてオーダーメイド下着についてのレポ。

 

地味にジムに通っている

半年近くジムに投資しているわけだが、体重は少しずつ落ちてる。4キロ落ちた。元が元だからまだまだ足りないけれど、落ちたのは素直に嬉しい。食べないで落としたわけではないから、多少食べ過ぎても平気だし、何より筋肉が付いてきたのは嬉しい。このまま継続していきたいところだけど、すでにサボっている。理想としてはあと5キロくらい落として心機一転ダンスをやりたいな、と。学生時代ダンスサークルだったけれど、社会人になって踊る機会がコンサート会場と恋ダンスくらいしかなかったから…久しぶりに踊りたいなぁ。

 

フェイシャルエステ

着実に肌がキレイになっている。高い化粧品すごい。お金払っているぶん、絶対に効果を得たいから、この私がクレンジング・洗顔・化粧水・美容液・保湿クリームというめんどくさい手順をしっかりこなしている。顔の触り心地は最高。合わせて、お店に行ったときには肩回りのケアをしてもらって悩みのタネの肩こりと一瞬おさらばできるのも嬉しい。この喜びを家でも!と乗せられて、美顔器を購入したチョロい客が私です。

 

初セミオーダー

下着をセミオーダーした。下着には全く興味がなくて、安い下着を平気で着けていた。お正月の頃に下着のセミオーダーがあることを知り、いい歳して安い下着を着けてるのもどうしたものかとセミオーダーデビューを決意した。そうです。間はないんです。安物の市販品orオーダーって…自分でも極端だと思う。

下着で有名なワコールのお店に行き、セミオーダーの下着を作ってもらった。お店につくと少し大きめの試着室みたいなところに入り、計測。アンダーサイズを測り、胸の輪郭を合わせて完成イメージを固めていく。メガネを作るときに、レンズを入れたり抜いたりできるフレームがあるけど、あれのブラジャーバージョン。肩紐とかカップとかを付け替えながらベストなものを作っていく感じだった。面白いなぁーと思いながら見てたら、試着してみてください。と差し出され、着てみるとびっくり!カップがピッタリで、浮いてしまう部分がない!こんなにピッタリなるものかと、感動。すぐさま買います!と購入決定。デザインもいろいろあって選べたから満足。お金さえあればまた買ってもいいかな。サイズ次第だけど、一万円前後。

 

そんなこんなで綺麗になりたいキャンペーンは継続中。化粧の仕方とか、似合う色とか、知りたいことやりたいことはまだまだあるけど、地味にやっていこうと思う。

すごく美意識高い女みたいになってるけど、元が低いので、やっと並かな?という程度。せめて女になりたいから、がんばります。

 

ジャニーズオールスターズアイランド

ジャニーズ

全員主役

 

そんな謳い文句と共に制作発表が行われたジャニーズオールスターズアイランドがあっという間に千穐楽を迎えた。

私は12月に1度、1月に2度、観劇するべく帝国劇場に足を運んだ。本当にありがたい機会だった。

 

ジャニーズワールドのシリーズに通ずる部分もありながら、新しい場面や今まではデビュー組の先輩たちがやっていたものをJr.が演じる場面、まさに適材適所という言葉に尽きる。特に適材適所を感じたのはsnow man。持ち前の運動神経でステージ上を縦横無尽にまるで重力などないかのごとく繰り広げられるアクロバットA.B.C-Zをも凌ぐレベルに達していると感じた。

他にも、ジャニーズJr.の活躍は素晴らしく、こんなに多くのタレントがこのレベルのパフォーマンスが出来るジャニーズ事務所に明るさを感じる半面、益々次にデビューする未来のスターがわからなくなったのも事実。

Mr.kingの華やかさ。平野くんはフューチャーワールドで座長として培ったものをアイランドでも発揮し、メインの中のメインとして舞台を引っ張る様子が印象的だった。永瀬くんと高橋海人くんは演技力に惚れ惚れした。もう先輩に追いつくなど無理だと言う高橋くん、それを慰める永瀬くん。美しい青春の一ページだった。全く同じではないとはいえ、彼らにもこんな時があったのだろうと感じる儚さ。そして、未来を向いた力強さは美しかった。

 

Hi Hi Jet はフレッシュJr.とベテランJr.の間にいた。小さいころから見守ってきた井上・橋本の成長が感じられた。学徒動員でお兄さんたちに続く凛々しい表情は、まさに彼らそのもの。パフォーマンス力も身につけながら、お兄さんたちの更に上をいこうとする熱い想いがそこにはあった気がする。

 

SixTONESカースト上位感は異常。学校のモテ集団みたいなのに、真剣に部活やってる姿を見てキュン。メインボーカルをたててやっているのも特殊ではあるけれど、それこそ適材適所で歌が上手いジェシーくんと京本くんを立てるのは正解だと思う。チャラい男子と見せかけて真剣に舞台と向き合う姿のギャップに女子(観客)はトキメキを隠せないよね。1月に追加された太鼓シーンの歌は本当にX JAPANだった。(薮ひか発信)

 

Travis Japanの圧倒的パフォーマンス。ダンスが好きだから、トラジャのパフォーマンスは大好きで、少クラとかもリピしてるけれど、本当に素敵。戸塚くんのソロについてるトラジャメンバーが本当に楽しそうに踊っていて、実力派のメンバーがこんなにいきいきとしてついてくれるなんてデビュー組も嬉しいだろうなって。そりゃマッチさんも放したくないよなって。宮近くんがスノードームみたいなのの中で踊るところがそのまま持って帰りたいすぎて…グッズ化しよう。(真顔)

 

Love-tuneは特殊。バンドもダンスもできる。私の印象として、グループとして育てるというより実力者を集めたグループだから以前を知ってる身としては違和感があった。この1年程でグループとしてのまとまりができてきて、Love-tuneが出てきた時のラスボス感はすごかった。2幕でトラジャからのラブで「美勇人くんの体力!!!!」ってなったけど、トラジャが終わり、安井くんからジャケット受け取ってラブになる美勇人くんラスボスの中で1番かっこよかった。そしてライトアップしてバンドセッティングするところの演出が好きだった〜。最後に諸星くんがいるバージョン観れたよかった。

 

東京B少年、またふざけた名前をつけられてしまって…美少年さんたちの心中察するところです。最近入った子ばかりで推されて、正直まだまだパフォーマンス力は不足しているけれど一生懸命に舞台に食らいついてる感じが好印象。12月に観劇した際、藤ヶ谷さんのソロを舞台袖で見てるB少年の子が見えたんですよ。勝利ソロに向けて楽器抱えてて。でも、藤ヶ谷ソロの振り付けを覚えようと見ながら体動かしてて。彼らにとって舞台の期間は毎日が勉強なんだなぁ、と実感しました。がんばれよ!って。2幕(3幕?)最初のマイケルダンス、とてもステキだったなぁ。力強かった。

 

チビJr.といっても、そんなに小さくないんだよね。グループこそないけれど、本当に力をつけていて、アクロバットや歌、ダンス、三味線、ローラー、とにかく自分の輝く場所を模索するJr.たちに好印象しかなかった。個人的にはヴァサイェガ渉くんの高音ボイス(ボーカロイドかと思った)とラウールくんの外国の血が入った感じの情熱的な歌い方がとても印象に残ってる。林蓮音くんはチーム武から大好きだから、アクロバットで蓮音くん出るとついつい見ちゃってた。蓮音くん目線泥棒だったなぁ。

 

Prince岩橋玄樹くん。特攻隊のシーンはジャニフワに続きぐっときた。決して岩橋くんを産んだ記憶はないけれど、「母上、御達者で!」というセリフに涙がこみ上げてきた。

神宮寺勇太くん。存在感が増したなぁ。硫黄島のシーンはジャニフワに比べて格段に短くなった。見えない相手に撃たれる、演技だけの場面であれだけ魅せられたのは成長だなぁ。

岸優太くん。私の0番は常に彼だった。本当に舞台映えする人だな、と改めて感じた。演技も踊りもアクロバットもフライングも全部が岸くんだった。正直おいしかったな、と。キンプリが推されている舞台ではあったけれど、それでもKing>Princeだし、平野>永瀬・髙橋>岸>岩橋・神宮寺だと感じた。何より、ワイドショーでも話題になった勝利くんのカミングアウトのシーンで1番に声をかけるのが岸くんだったのが嬉しかった。勝利くんにとっての岸くんの位置付けが舞台に反映され、フィクションとノンフィクションが混ざり合ったあのシーンが、私は大好きで大嫌いだ。あんな形で知りたくなかった。舞台にする必要があったのか?とも思うし、「毎日演じることはそんなに辛くない。俺はそんなに弱くない。」と言った勝利くんの言葉通りなのかもしれない。

 

ジャニーズオールスターズアイランドの名物は毎日のように先輩方がゲストとして登場したことだった。私は見事にA.B.C-Zばかりだった。A.B.C-Z好きだからもちろん嬉しいんだけど。

三宅健くんが来た時、三宅くんが直々にバックにつけるJr.を選んだと聞いて見たかったなぁ、と。その中に岸くんが入っていたことも嬉しかった。三宅くんといえばV6でバリバリ踊ってるわけで、踊りで選んでくれたって自信になるよなぁ。よかったなぁ。

 

ひたすら楽しかったアイランド期間。2016年は舞台漬けの日々だったけれど、きっとそこで成長したこと、学んだことは岸くんの糧になるはずだから、2017年にどんな形でそれが見せてもらえるのかとても楽しみ!

A.B.C-Z ポスターお渡し会

ジャニーズ

2月5日(日)に高田馬場で行われたA.B.C-Zデビュー5周年記念シングルReboot!!!のポスターお渡し会イベントに参加してきました。

橋本良亮くんファンの友達に付き合って、「なんか楽しそうだから行っちゃお☆」というノリで地獄と天国を見てきました。以下レポ。

 

まず、地獄から!

めっちゃ並びますやん!

正直A.B.C-Z担がこんなに集まるとは思ってなかった…。会場時間で余裕でしょ、と友達と会場に向かいましたが、すでに長蛇の列。A.B.C-Z担どこに隠れてたの!?と慌てる私たちでした。もちろんA.B.C-Zを応援している人だけではないし、私みたいな人もいるのでしょうが、どんどん集まってくるA.B.C-Zのファンの皆さんに度肝を抜かれました。

 

めっちゃ待ちますやん!

会場の外をぐるりと回りやっとこさ中に!引き換え券を交換し手にハンコ押されると、一つ目の待機部屋(以下待機部屋①)に到着。4ブロックに分かれていて、前のブロック(仮にAとする)から順に入っていく。この時まさかの列は崩れ、ブロック毎の扱いに!?私は2回とも1番前(モニターがある方)のAブロックでした。

そして、二つ目の待機部屋(待機部屋②)に移動。移動は、②のAブロックがハイタッチしに動き出したら①のAブロックが②のAブロックへと移動するというスタイル。つまりAブロックの人は次の部屋でもAブロックで、ブロックは変わらない。総入れ替え制で、入れ替わると前説があってメンバーのトークコーナーが5分程度あるので、Aブロックは移動後めっちゃ待つ。

 

次は天国!

長い地獄を乗り越えると天国がやってきます。私は4〜5時間待ちました。

 

まずは前説トークタイム!

時間が押せ押せなので、トークタイムなくなるかな?と思っていたけれど、最後までやり通した。A.B.C-Zメンバー全員が小さな壇上に上がり、この後のハイタッチのこと及び新曲Reboot!!!のことを話してくれます。初回だけのトークタイムだと思っていたら、全部の回で行われた。てっきり初回だけと思い込んでいた皆さんは最前列をとることもなくのんびりハイタッチの番を待っていたのだけど、私たちは偶然にも最前列にいまして。ラッキーなことに最前ドセンでA.B.C-Zのトークを堪能してきました。橋本くんがよく見ていて、目を合わせてくるから!!!けしからん!!!

 

ついにお渡し会&ハイタッチ!

お渡しだけでなくハイタッチもできます!ということで、メンバーとハイタッチしてきました。

当日のレポ。

 

コミュ障の私ですが、今回ばかりは友達のために頑張って話しかけましたよ。A.B.C-Zには強気で行ける自分を見つけたのは大収穫でした。

 

プレゼントが丁寧!

ポスターのお渡し会イベントでしたが、メインはハイタッチになっていました。もはや。これは仕方ないです。しかし、本来のメインのプレゼントも素晴らしい!Reboot!!!のロゴが入った茶封筒に入れられたクリアポスター。下敷きの少し薄いもののようなポスターでした。メンバーからのメッセージもプリントされていて、ファンには嬉しい5周年記念アイテム。

f:id:younk:20170205214343j:image

ものはこんな感じ。封筒は大きいサイズなので仕事の資料の様。友達とお渡しを五関くんにして「本日の資料です。お願いします。」って渡されたいね、という話をしました。残念ながら2回とも戸塚くんがお渡しでした。

 

想定していたよりも人が集まったり、列が進まなかったり、雨が降ってきたり、会場内で流れているMV集映像が急に切れたり、いろいろなハプニングはあったとおもうけれど、Showにハプニングはつきものだ。Show must go on!という精神でメンバーもスタッフもファンも頑張っていました。A.B.C-Z担の落ち着いた雰囲気に関心しながら温かい現場におじゃまできて、とってもよかったです。

 

でも、岸くんがデビューした際には握手会やハイタッチ会などがないほうが…もしくは今回のことを踏まえ試行錯誤したイベントが行われるとありがたいかな。お願いします。

 

ジャニーズ楽曲大賞2017

ジャニーズ

また一年ジャニオタ寿命を延ばしてしまった…ジャニーズ楽曲大賞の季節がやってきました。昨年に続き滑り込みで投票に成功した。

 

↓↓今回はこんな感じで投票しました↓↓

f:id:younk:20170203192125j:imagef:id:younk:20170203192140j:imagef:id:younk:20170203192148j:image

 

Jr.現場で聴くのはSexy Zoneが多いため、相変わらずのところもあるけれど、今回、宮田くんが入ってきましたよ。Kis-My-Ft2ですよ。ライブ映像を見せてもらう機会があって、キスマイってイケイケの人たちだと思ってたけど、おちゃめなところもあるんだな、って印象が変わりました。2016暮れのお話です。

現場はジャニーズフューチャーワールドを選びました。ハニーバタフライも大好きだけど、そこは健人担とハニーさんたちの愛の巣だからね。久しぶりに舞台に立つ岸くんを観れたジャニフワ一択!(出番の多さ的にも)

そして未音源化は「Prince Princess」!こちらも一択!現場はジャニフワなのにヴェ!じゃないんですよ。これが。やっぱり岸くんの美声を堪能するに相応しいこの曲に決まってる。2位ありがとうございます!

 

2017年も素敵な楽曲が世に放たれることに期待して、今年もジャニオタ延命いたします。

新年明けましてHey!Say!JUMPでございます

ジャニーズ Hey!Say!JUMP

2017年ですね。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて年が明けたばかりだというのにオタク充しております。

 

Hey!Say!JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.に行ってきた。2016年のツアーは見送っていたので、一昨年の秋ぶりのHey!Say!JUMPさんでした。私が知ってるHey!Say!JUMPにも私が知らないHey!Say!JUMPにも出会えた素敵なひとときだった…。

 

私の知らないHey!Say!JUMP(とそのファン)

ここで私の知らないHey!Say!JUMPを記録しておきたい。

*静寂で叫ばないファン

これは本当、どこに置いてきた?私たちの定番ネタ、RWMの山田くんソロパート「光のないこの世界を」の後ですかさず「りょーすけー」って叫ぶオタクいないの!!???逆に寂しい。

*伊野尾の人気

伊野尾さんって最終兵器ってずっと言われてきたのに、ついにフィーバーを迎えて今、絶好調じゃないですか。めざましテレビメレンゲの気持ち、ドラマの出演を経て映画も控えてる。正直失礼だけど、こんな伊野尾さん知らない。こんな忙しい伊野尾さん知らない。

*ふざけないBEST

これもびっくり。BESTコーナーと言えばふざけてなんぼ。ふざけ倒すために念入りに綿密に計画を立てるところでしょ?かっこよさげにスギルセツナ歌って驚いた。

*レンポンスの集団芸

Oh!アイドルから始まった曲中の合いの手というかレスポンスというか…完全に味をしめて音源にファンのパートが収録されている曲が増えた様子。細かいセリフ(ex.僕とけいとの「はーい」など)もタイミングを逃すことなく確実に淡々にそして楽しそうにレンポンスするオタクの皆さん。すばらしい訓練を受けた集団芸でした。

 

私の知ってるHey!Say!JUMP

今度は私の知ってるHey!Say!JUMPさん。やっぱりこれがHey!Say!JUMPだよね!ってやつ。

*メンバーのいちゃいちゃが大好物

オタクももちろんだけど、メンバー同士がいちゃいちゃを好きすぎる件。「やぶひか」「やまゆと」「やまちね」「ありやま」等々、それぞれ好物の組み合わせはあると思うけど、あっちでこっちでいちゃついてキャー!がどこに対する悲鳴なのか謎だった。これ!JUMPコンあるある。

*広い会場を無駄にしがちなギュッと感

東京ドームなのにメンバーの仲がよすぎてギュッと集まりがちなHey!Say!JUMPさん。かわいいんだ〜。どうしても寄って行ってしまうんだよね。わかる。

*ドームなのに斬新すぎるかごめかごめ

まさかあんな広い会場でかごめかごめする20代男性アイドル見る日が来るとは夢にも思ってなかった。というか、その発想はなかった。「かわいい」を具現化したみたいな男性アイドルグループとして100点満点花マル!

*MCは基本内輪ネタ

他のグループやJr.でさえ、ファンとの対話というか「みなさん〜でしょ?だからさ〜」みたいな話をするのに、Hey!Say!JUMPさんは「楽屋で〜」「コンサート始まる前に〜」みたいな僕たちの話題を提供型のMCなんですよ。でも、JUMP担ってそのメンバーの話が大好きだから需要と供給が合致してる。すばらしい。クリスマスのプレゼント交換の話題でした。

*やぶひか大好き裕翔くん

「やぶひかコンビ」にやたら反応を示すJUMPメンバーだが、裕翔くんについては群を抜いてやぶひかコンビが好きなのは相変わらず。今回においては「俺、やぶひか大好きだから」という本人からの発言もあり、「知ってるよ」っていうね。

 

久しぶりのJUMPコンは「そうそう、これこれ!」っていう楽しいコンサートでした。今年は10周年ということで、またお邪魔してJUMP担として出会い苦楽を共にした?人たちと楽しくコンサートをエンジョイしたいと思います!

 

最後にこれだけ言わせて。

知念くん超かわいかった!!!!

2016年を振り返る

ジャニーズ

年の瀬ですね。SMAPも最後のテレビ出演がスマスマということで実質のところ解散してしまいました。SMAP解散って徳川幕府がなくなるってくらい大変なことですよね?時代が変わるんですよ。今こそ元号が変わるべきです。

 

ジャニオタとしては、この誰にも向けられない気持ちをどうすることもできないので、SMAPは永遠に私たちの心に生き続けているよ、ということにします。そして、この一年もどっぷりオタクしていたなぁ、と思うところでジャニーズ関連の振り返りをしようと思います。

 

1月

『ピンクとグレー』公開

待ちに待った中島裕翔主演映画!裕翔くん主演じゃなかったから絶対観ないだろう、というか映画はコナンしか観ないんだけど、映画を観た!菅田将暉の素晴らしさ!裕翔くんの主演作品がピングレで本当によかった!

 

2月

黒崎くんの言いなりになんてならない

こちらも待ちに待った岸くん出演映画。コナンだけ!って言ってるのに年明けからイレギュラーが続いてしまった。中島健人くん、小松菜奈ちゃん、千葉雄大くん、高月彩良ちゃん、とにかく出演者みんな愛おしい。連続ドラマになれ!なってくれ!梶くんに恋した2月。

 

4月

Prince冠番組『真夜中のプリンス』放送開始!『ガムシャラ!』じゃなくなるのが泣くほど悲しかった(泣いてないけど)、しかし!but!まさかの自担のユニットが冠番組を手にした!びっくりだし、まだそんな器じゃないし…と思ったけれど、毎週出演するのはありがたい。芸人さんたちにも気に入ってもらえていたら嬉しい。

 

5月

クリエF Prince公演。記事にした通り、Mr.kingが見学した日に行きました。確実にパフォーマンス力が向上していて、上を目指しているのが伝わってきた。クリエならではの彼らだけのコンサート、最高だったな。

 

7,8月

『サマーステーション 』今年はMr.kingがメインということで、去年良い思いをしてしまったPrince担は「えええええ」という気持ちもあった。だけど、実際行ったら平プリ公演めちゃめちゃ楽しかった。平野くんの歌とダンスが大好きだから、嬉しかったなぁ。

『サマーパラダイス』勝利くんと健人くんのサマパラにお邪魔してきた。勝利コンは相変わらずのホーム感。MCは平プリ総出で楽しかった。健人コンは本当に素晴らしい。ハニーの皆さんとけんてぃーの関係性が素敵で!昨年のサマパラ映像見て、行きたいと思っていたから願ったり叶ったり!

 

9月

『JOHNNYS' Future WORLD』博多。博多に一人旅ってバカかと思ったけど、行ってよかった。岸くんの活躍も然り、平プリ関西Jr.の成長を感じられた公演だった。行ってよかった。(2度目)

 

10月

『JOHNNYS' Future WORLD』大阪。梅田芸術劇場もはじめましての会場。関西Jr.がみんな出てて、関西の沼を感じた。まさに未来の世界だ。(何言っているかわからない)かわいいかわいい大西プロや、斗亜くんにも会えたし、楽しかった〜!その後、まいどジャ〜ニ〜は毎週録画してます。

 

12月

『ジャニーズオールスターズアイランド』行ってしまいました。 まさにオールスターズ。今まで観たくても観る機会がなかったスノーマン、ストーンズなどのパフォーマンスも観れたのが嬉しかった。

 

年明けはHey!Say!JUMPからはじまる最高の年になる予感。2016年も全力でジャニオタでした。2017年も全力でジャニオタです。

よいお年をお迎えください!

 

 

軽井沢旅行してきました。

旅行

初秋の軽井沢へ旅行してきた。

博多へ行った次の週、バカだから軽井沢行ってきました。メンバーは以前沖縄へ行った高校の同級生たち。

 

ろくもん 最&高

長野駅から軽井沢駅までろくもんという観光列車に乗車。正直、プランは友達に任せっきりだったからどこに連れてかれるのかもよく分かっていなかった。ろくもんにご対面すると、写真の通りのボルドーのボディ。美しい!テンション上がる!「エセ鉄ちゃん!」と言いながら写真撮りまくった。内装もまるでオシャレなカフェに来たような気分。対面のテーブルを挟んで座れる素敵な電車でした。観光列車なので、停車駅で降りて買い物や記念撮影、お庭散策などもできて軽井沢に着く前に満足してしまった。

 

軽井沢プリンスアウトレット

軽井沢駅と宿泊したプリンスホテルのコテージの間にあるアウトレット。やっぱり女子的には買い物施設って上がりますよね。めっちゃお金無くて、カーディガンしか買えなかったけど、見るだけで楽しかった〜!しかも、寒くて我慢できなくて買ったっていうエピソード付き。さすが避暑地!寒かった!

 

コテージで好き勝手する

気心知れた高校生メンバー。アウトレットで買った服のファッションショーしたり、女子会的にはグレーゾーンな下ネタも話したり私たちらしさ満載でお送りしました。無料でプレーヤーも貸してもらえたので、みんなで当たり障りない映画みたよ。ジャニヲタで泊まったら夜通しライブ見れるね!!!ってちょっと興奮した!コテージは離れているからお隣さんのことを一切考えず夜中まで騒ぎ倒した。ただし、虫さんたちが元気いっぱいだから虫さんが苦手な人は冬に行ってください。私は一緒にお風呂入れるくらいの感じなので。さすがにびびったけど。

 

そんなこんなで今回も最高にハッピーでクレイジーなメンバーと旅を楽しんできた。無駄に写真撮っちゃったよ。管理が大変だし、見返すとくだらなすぎてやばい。でも、思い出はプライスレス!また高校メンで旅行したい!(候補地は、鎌倉・鳥取砂丘など)

 

めっちゃ日記っぽいけど以上です。